園児募集

Q&A

ふじみの幼稚園は一斉保育ですか。自由保育ですか。

一人一人の個性で自由に試行錯誤する時間(自由遊び)とクラスみんなで新しい体験をしたり、相談したりする時間(一斉保育)のバランスを考えながら、学年間で統一した保育内容にしています。

イングリッシュタイムについて教えてください。

年中組の10月から行う英語活動です。
年中組は月1回、年長組は月2回、一回15分〜20分の間幼児英語専門の講師2名によって行われています。内容は英語のゲーム、歌、リズム遊び、子どもたちにとって負担にならないよう配慮していますので、英語に楽しく触れることが出来ます。日本語以外の違う国の言葉を知ることで、異文化の理解につながります。また、これとは別に大学から留学生やネイティブ講師が遊びに来ることがあります。

預かり保育について教えてください。

「スマイルキッズ」という名称で基本的に週5日(月〜金)14:00〜17:00に実施しています。
料金は1日800円(おやつ・お茶有り)で、担当職員は2名付きます。(ただし、預かるお子さんの人数が全体で2名までの場合は職員は1名です。)
「朝スマイル」という朝の預り保育も行っています。週5日(月〜金)8:20〜8:50、料金は1回100円、担当職員は1名です。
夏休み期間の「夏のスマイル」を行っています。8:30〜16:30で料金は午前(8:30〜12:30)午後(12:30〜16:30)で各々1回800円となります。

保護者が平日、園行事に参加することはありますか。

役員の方以外の保護者が参加する行事(親子で遊ぼう、運動会、作品展、おもちつき、子ども会等)は学期に数回です。それ以外には引き渡し訓練、学期毎の保護者会、個人面談等があります。また、平常保育を見ていただくために自由参観日が年に数回あります。それぞれ、1週間ごとで時間は自由に来ていただくことが出来、強制ではありません。

給食でアレルギー対応はしていますか。

していません。
給食は大学の学食を委託している業者(シダックスフーズ)に依頼していますが、アレルギー除去はできません。アレルギーのお子さんはお弁当を持参していただいております。
尚、給食は選択制ですので、アレルギー以外のお子さんもお弁当を持参しています。

おむつがはずれていないと入園できませんか。

入園前までにおむつが取れていることが望ましいのですが、それが直接入園の合否に関わることはありません。生まれ月や個人差がありますので、入園時おむつがとれていなくても大丈夫ですが、ご家庭でトイレットトレーニングを続けてください。入園時まだおむつが取れない場合は担任と相談しながら、入園後もトレーニングを続けて参りましょう。

園内の安全対策はどのようにしていますか。

①インターホンと保護者証
保育中は園の正門を施錠しています。外来者はインターホンで確認後、事務所で開鍵するようにしています。また、園内に入る際は保護者の方に学年カラーの保護者証を首から下げていただきます。

②災害時対策
火災、地震等を想定した避難訓練を月1回実施、保護者への引き渡し訓練も年1回行います。また、災害に備え、幼稚園内にミネラルウォーター(500ml)380本と非常食としてリッツクラッカー420食の備蓄があります。また、簡易トイレ60セットを用意しております。

③園庭遊具等の安全対策
園庭遊具の遊具点検は教員により毎日行い、年1回業者に依頼しています。また、砂場は定期的に掘りおこし、消毒液(体に害のない物)を散布しています。

④放射線量
文京学院大学環境研究センターが入手した家庭用簡易測定機(エステー)での測定、および、ふじみ野市役所環境課の方にもご協力いただき測定を行いました。結果、園庭、冒険の森、芝生広場、イチョウ木の下(銀杏)、砂場、雨どい等どこも0.187〜0.055μsvの範囲で安全値でした。

園庭で遊ぶ時の帽子はどのようなものですか。

本園では園庭で遊び際、年間を通して必ず、クラスカラーの帽子を着用するようにしています。ネックガードはお子さんの大事な首の部分を紫外線から守る為のものです。

バス通園を希望していますが、自宅の近くまで来てもらえますか。

基本的には既存のバスコースのバス停で対応させていただきます。また、場所によってはバスが運行していないこともあります。→バスルート参照

卒園生の小学校進学状況はどのようになっていますか。

年によっても異なりますが、鶴ケ岡小、亀久保小、ふじみ野小、大井小、西原小東原小、三角小等近隣の公立小学校に進学するお子さんがほとんどです。毎年数名のお子さんが私立小学校に進学しておりますが、本園では保育時間内に、受験の為の文字、数の指導は行っておりません。また、受験する方の為の特別な配慮も行っておりません。